南極で「100年前のフルーツケーキ」を発見 保存状態は良好

スポンサーリンク

出典:abc.net

南極大陸を調査しているニュージーランドの慈善団​​体が、アデア岬にある小屋で錆びれた謎の箱を発見した。

その中にはなんとフルーツケーキが入っていた。


▲小屋で発見された錆びれた箱


▲中身は当時のままで紙に包まれている。

調査した結果、イギリスのハントリー&パーマーズというメーカーが作ったフルーツケーキでおよそ100年前のものというのが分かった。

推測ではイギリスの探検家 ロバート・スコットさんが1911年に南極に行った時に持っていったものらしく、記録にもスコットさんがこのケーキを好んでいた事が書かれているそうです。

南極というずっと冷えた場所に置かれていたためか、保存状態が良く今でもこのケーキは食べれそうだと調査隊のマネージャーは言いました。

誰も100年前のケーキなんて危なくて口にできないですよね。
でも、どのような味がするのかちょっと気になります…。

出典:abc.net

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

いいね!フォローで最新記事をお届けします

最新情報をお届けします