ディズニーキャラたちがもし現代にいたらどう過ごしているのかを描いた作品

スポンサーリンク

出典:Tom Ward Studio/Instagram

世界中から愛され親しみのあるディズニーキャラクターたちが、もし2017年を生きていたらどのように過ごしているのだろうか。気になりますね。

この作品を描いたのは、イギリスを拠点に活動するイラストレーター Tom Wardさん。現代に起きている出来事や社会問題を、親しみのあるキャラクターで描くことによって分かりやすく伝えています。

Tom Ward 情報:Instagram

#1 自撮りで盛りまくる

#2 家にも監視カメラが付くようになってきた

#3 恋人と会ってもスマホばかり

#4 象牙取引

#5 サーカスに売り飛ばされる

#6 家事を全く手伝わない

#7 食べ物の好き嫌いが激しい

#8 水質汚染による奇形魚

#9 スマホに夢中になりすぎて、自分の可能性に気付いていない

#10 ガストンがル・フウに恋をする(男性同性愛者)

出典:mashable

スポンサーリンク

いいね!フォローで最新記事をお届けします

最新情報をお届けします