紙コップをキャンバス代わりに世界中の有名な場所を描くアーティスト

スポンサーリンク

出典:boredpanda

トルコ出身のBerk Armaganさんは、紙コップをキャンバス代わりに世界のあらゆる場所の絵を描いて旅をしています。低予算で旅をしているため、時にヒッチハイクやキャンプをして過ごしているようです。

描いた紙コップの作品は、販売して旅の資金にしたりトルコのボランティア団体に寄付したりしています。Instagramに作品を投稿しているので見てみましょう。

#1 ケルン大聖堂 ドイツ

#2 エッフェル塔 フランス・パリ

#3 ピサの斜塔 イタリア

#4 オランダ・アムステルダムにある川

#5 フンデルトヴァッサー・ハウス ウィーン

#6 モナ・リザ ルーヴル美術館

#7 ブルージュの鐘楼 ベルギー

#8 フィンセント・ファン・ゴッホ「灰色のフェルト帽の自画像」

#9 ジョン・レノンの壁 プラハ

#10 ノルウェー・ベルゲン

#11 スウェーデン・ストックホルム

#12 スロバキア・ブラチスラヴァ SNP橋(UFO橋)

#13 イタリア・ヴェネツィアの路地 ペスト医師(Plague Doctor Mask)

Berk ArmaganさんのInstagram「seyyahart」にはこれまでに訪れた場所の作品の他に、キャラクターや動物などの作品も投稿しているので興味のある方はぜひご覧ください。

出典:boredpanda

スポンサーリンク

いいね!フォローで最新記事をお届けします

最新情報をお届けします