見事なカモフラージュ!見つけるのが困難な野生動物たちの写真 15枚

スポンサーリンク

野生動物たちは獲物を捕らえるため、あるいは敵から身を守るために、毛の色合いや模様などを活かして周囲の環境に溶け込み、身を隠しながら過ごしている。

厳しい自然界で生きるために身についた動物たちのカモフラージュ力は本当に凄いものだ。

今回は、そんなほとんど自然と一体化した動物たちの写真をご紹介します。ぜひどこにいるのか見つけてください!

どこに動物がいる?

#1 キリン

#2 オオカミ

#3 カラフトライチョウ

#4 アクシスジカ

#5 メガネカイマン(ワニ)

左側、目だけ見えてるよ。

#6 アメリカワシミミズク

#7 アメリカナキウサギ(アメリカン・ピカ)

#8 サトウチョウ

#9 ヒョウ

#10 シロハヤブサ

#11 カリフォルニアジリス

#12 アメリカヨタカ

#13 チーター

#14 インパラ

#15 ヒワミツドリ

どこに動物がいるか分かりましたか?

これらの写真は「Vanishing Act(姿を消す行為)」という名のプロジェクトで、アメリカ出身の自然写真家 アート・ウルフ(Art Wolfe)さんが撮影したものです。

世界の大陸を舞台に膨大な数の写真を撮影しているアート・ウルフさんのサイト「artwolfe」には、野生生物の他に神々しい風景や失われつつある自然環境、希少な文化などの写真が一部公開されています。興味のある方はぜひご覧ください。

出典:honesttopaws

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

いいね!フォローで最新記事をお届けします

最新情報をお届けします