臆病で神経質なチーターを救うのは穏やかで陽気な犬であった

チーターは足が速く危険な肉食動物というイメージがあるが、実はとても臆病で神経質な動物である。
彼らは社会性を知らず、ストレスを感じやすいため中々繁殖活動をすることができず、絶滅の危機にあるそうです。そこでサンディエゴ動物園サファリーパークでは、チーターを絶滅から守るためにある育て方をしています。

それは犬と一緒に育てることです。

 

恥ずかしがり屋で不安定な感情をもつチーターは穏やかで陽気な犬と一緒に過ごすことでリラックスし犬の行動をお手本として自信を持った行動を学びます。そしてお互いを思いやり仲良くすることで社会性も身につけていきます。

 

 

 

 

 

チーターと犬がまるで兄弟のようでとても素敵ですね。

出典:boredpanda


スポンサーリンク
スポンサーリンク
動物ストーリー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
せかch