イタリアの小さな村をインターネット風にデザインするプロジェクトが面白い

スポンサーリンク

イタリアアート1出典:Biancoshock “WEB 0.0″/Youtube

イタリア東部にある人口600人の小さな村「チヴィタカンポマラーノ(Civitacampomarano)

この村はインターネットも携帯電話もほとんど使われていない環境で現代社会とは少し離れた生活をしています。

そこで村のアーティスト ブランコショックさんは「もし村をインターネット風にしてみたら」と、あるプロジェクトを開始。

どのようになったかというと・・・

街をIT化

ポストにはEメールのアイコンが!

イタリアアート2

街のお知らせ掲示板にはFacebookのロゴが。「いいね!」と聞こえてきそうですね。

イタリアアート3

女性たちが座っているベンチにはTwitterが。何を呟いているのでしょうか

イタリアアート4

電話ボックスにはWhatsApp。通話アプリですね

イタリアアート5

取引所にはオークションサイトのebay

イタリアアート6

村のレストランには・・

イタリアアート7

Googleのテーブルクロス。情報交換中なのでしょうか

イタリアアート8

トラックに「WeTransfer」(ファイル転送サービス)。

イタリアアート9

雑貨屋さんにはRSSのロゴが。便利な情報をまとめているのでしょう

イタリアアート10

薬局にはアンチウィルスソフトのavast!

イタリアアート11

公共のTVを見る場所には・・

イタリアアート12

Youtubeのロゴが!

イタリアアート13

動画

出典:Biancoshock “WEB 0.0″/Youtube

インターネットが発達する以前はどのように交流が行われていたかなど考えさせられるプロジェクトでした。

スポンサーリンク

いいね!フォローで最新記事をお届けします

最新情報をお届けします