木々の葉が互いに譲り合う現象「クラウン・シャイネス」が凄い

スポンサーリンク

隣の葉に接触しないよう隙間が空いてるのがわかると思う。

これは現象的なもので「クラウン・シャイネス」と呼ばれています。

東南アジアの熱帯雨林にあるフタバガキの巨木に見られ同時に成長したときにみられる現象です。

クラウン・シャイネス

1920年代から科学者により研究されているが、この現象は解明されていない。

同時期の育った隣り合う木々が50m以上に成長したときのみに現れる

この譲り合う姿を日本では「樹冠の遠慮」とも呼ばれている

空が割れているとも表現されている。

この木はウラン材として利用され森林伐採により絶滅の危機にあるという

とっても幻想的な風景で謎が多い神秘的な木々でした。

スポンサーリンク

いいね!フォローで最新記事をお届けします

最新情報をお届けします