読みにくい壁の落書きを読みやすいように書き換えちゃった 仏アーティスト

スポンサーリンク

街で見かけるグラフィティ(壁などに描かれた落書き)アート。

たまになんて書いてあるか分からないものがありませんか?そんな暗号化されたような文字の落書きを読みやすいように書き換えた人がいるんです。

それがフランス人のアーティスト Mathieu Tremblinさん。彼は壁に書かれた読みにくい文字が気になり「修正しよう!」と実行しました。

落書きを読みやすいようにした!

#1

街角にあった壁の落書き、書体を変えることできれいな印象に。

#2

柱もこの通り。

#3

解読が難しいぐちゃぐちゃに書かれた文字もこのように書き換え。

#4

こういうデザインに見えてきますね。

#5

あれ、Sだったのか。

#6

とくに意味のない言葉でもちょっと目に止まります。

#7

画用紙を使ってきれいな文字を書いていたのか。

#8

なかなかの解読力。

読みやすい書体に書き換えることでデザイン性が出て見た印象が変わってきます。このようなグラフィティアートもおしゃれで面白いかもしれませんね。

以上「読みにくい壁の落書きを読みやすいように書き換えちゃった 仏アーティスト」でした。

出典:boredpanda

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

いいね!フォローで最新記事をお届けします

最新情報をお届けします