「今日も仕事がんばるにゃ」イギリスの財務省で働くネコ グラッドストン

スポンサーリンク

イギリス財務省に務める公務員のネコ 名前は「グラッドストン

ヴィクトリア朝時代の首相ウィリアム・グラッドストンからとって名付けられたそうです。

グラッドストンはもとは野良猫で、ロンドンの動物保護施設に保護されていたところを財務省のスカウトにより「ねずみ捕獲長」として働くことになりました。

日々の務めがInstagramやyou tubeに公開されています。

グラッドストンの働きっぷり

▲仕事中の猫の視点。しっかりとパトロールしていますね!

▲遊んでいるんじゃないんですよ。一応、高いジャンプのトレーニング中。これも日々ねずみを捕るための重要な訓練なのです。

▲たまには休憩も必要ってね。事務所の居心地の良いところにベッドを設置。

着任してから1年を迎えたグラッドストン。去年1年間で22匹のねずみと2匹のハエを捕まえたとのことでしっかり活躍しています。

仕事ができるだけではなく、その可愛らしい見た目は国民からも人気でInstagramには1万人を超えるフォロワーがいます。

今年もどれくらい捕まえられるのか、今後の活躍や日々の成長をInstagramから見守っていきたいですね。

出典:geo.tv

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

いいね!フォローで最新記事をお届けします

最新情報をお届けします