バッグをあるかわいい動物と勘違いしちゃったママに家族爆笑

スポンサーリンク

写真はイメージです

誰だって見間違えることはあるよね?

例えば遠くにあるゴミ袋をねこと間違えたり、時間や文章を見間違えたりなどなど…間違って思い込んでしまうことって。そんなよくある勘違いをして笑顔に包まれた家族がいた。

ここはアメリカ・ロサンゼルスにある、オープンカフェ。

お茶をしながら親子でお話をしていた娘のHannah Murphy‏さん。

隣の席にいる家族を見て、お母さんはクスクス笑いながらこう言いました。

「見て!あそこに可愛いダックスフンドが寝ているわよ」

足元にある茶色いモノのことを指していました。

確かに、ダックスフンドが寝て・・・ん??

よーく見てみると。

茶色い革のバッグだった!

この勘違いには親子爆笑。Murphy‏さんはこの時の出来事をTwitterに投稿しています。

『母はクスクスと笑いながら言った。”見て、可愛いダックスフンドが眠っているよ” 彼女が見ていたのは、ハンドバッグ』

このツイートに対し「面白い!」「同じ経験をしたことがある」など多くのコメントが寄せられ話題となりました。

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

いいね!フォローで最新記事をお届けします

最新情報をお届けします