ヨーグルトを真夏の車内に放置した結果、最悪の状態に

スポンサーリンク

炎天下の車内はかなりの高温になりトラブルの元となります。スプレー缶が爆発したり、ライターが破裂、プラスチック類が溶けたりといったトラブルが絶えません。

そんな炎天下の車内にヨーグルトを放置した人がいました。

しばらくし運転しようと近づいたら・・・

車の所有者はなぜこのような状態になったのか理由も分からず、しばらくその場で佇んでいたそうです。

まさかヨーグルトが原因だなんて・・・

中はエイリアンが暴れたかのような悲惨な状態に。匂いもヨーグルトですからね、かなり強烈だったと語っています。

ヨーグルトが暑さで発酵が進み、ボトルタイプで蓋が閉まっていたためその結果爆発に。

約3時間かけて掃除した後です。

かなり綺麗にはなりましたが、やはり匂いが残っており、もう二度とヨーグルトを放置しないと誓ったそうです。

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

いいね!フォローで最新記事をお届けします

最新情報をお届けします