いまだ解明されていない「謎の写真」 6選

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ケネディ事件の現場にいた女性

1963年、アメリカ合衆国大統領ジョン・F・ケネディが打たれた事件で
唯一一人だけ逃げずに写真を撮っていた女性
彼女は狙撃の瞬間を一番間近で撮影していたと思われ
FBIが懸命に捜査したものの、この女性の身元も撮られたと思われる写真も見つからなかった

宇宙飛行士?

1964年のイギリスでこの写真は撮影。
ある男性が娘の写真を撮り、現像したところ宇宙飛行士のような人物が映っていた
写真を撮る際には気づかなかったといい、コダック社が調べても写真を加工した形跡はなかったという

後日談として、南オーストラリアのウーメラ試験場で不審人物が発射場に入り込み、ミサイル発射が中止される事件が起きた。
ミサイル技術者は、その時見た人物はこの写真に映っている人物と同一人物だと証言した。

ヘスダーレンの怪光

この光は、ノルウェー中部に位置するヘスダーレン渓谷の上空で撮られたものです。

1980年代から度々目撃されるようになり、世界中からこの光を見ようと多くの人が押し寄せました。

UFOや、電流現象、プラズマ生命体など様々な説が唱えられていますが、未だにこの光の正体は解明はされていません。

人工衛星らしき物体

衛星 1万3000年前から飛んでいる衛星

見た目からブラックナイトと呼ばれている。

1960年に地球の大気圏近くで地球を周回しているとされる衛星らしき物体が撮影されました。

その当時は、アメリカもソ連も人工衛星はまだ上げられておらず、この物体が地球外生命によって作られたものなのではないかと推測されました。

機体から電波が発生されており、一説によるとこの電波は1万3,000年前の地球から見た星図を表しているとされ、うしかい座イプシロン星を向いていたということだ。

フック島のシーモンスター

1964年12月12日ロバート夫妻が、クイーンズランド州フック島の沖合で過ごしていたとき、妻がサンゴ礁の浅瀬で巨大な生き物を目撃しました。

夫妻によるとモンスターは口を開けたあと泳ぎ去ったという。
モンスターの体長は約25メートルほどであった。

この写真が撮られた1964年にはフォットショップもなく、写真の加工もできなかったため
この写真が本物である可能性が高く、この謎の生物は注目を集めました。

タイム・トラベラー

この写真は、カナダで1941年サウス・フォークス橋の再開式典の様子を撮った写真なのですが、明らかに、その時代には異色な男が写っています。

この男はモダンなTシャツにホッケーチームのセーターを着ていて、周りと比べるとかなり浮いており、手に何かよくわからないものを持っているため一時期タイムトラベラーなのではないかと騒がれました。

 


スポンサーリンク
スポンサーリンク
驚き
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
せかch