第1話 「おじさまと猫」 一匹と一人の出会いを描いた漫画が泣ける

スポンサーリンク

漫画家 桜井 (@sakurai_umi )さんが書いた「おじさまと猫」が ”泣ける”とTwitterで話題になっています。今回はそんな感動の猫漫画を紹介したいと思います。

「おじさまと猫」全話・番外編まとめ

第1話「おじさまと猫」


おじさまと猫

おじさまと猫2

おじさまと猫3

おじさまと猫4

第2話→

感動して目に涙が・・。この猫の気持ちに心苦しくなる所もありましたが、優しい人の元に行ってくれて本当に良かったです。これからはこのおじさまと幸せな毎日を暮らしてほしいなと思います。

<ネット民の反応>

抱き合ってるシーンがめっちゃいいですね、感動モノです

オッサンに癒やされるとは・・

猫とおじさまの漫画めっちゃ泣いてもうた。

おじさまとネコのやつ、何度見てもホロっとしてしまう( ;∀;)

猫とおじさまの日々、もっと見てみたいです!

最後の所グッと来ました… 素敵な漫画をありがとうございます(´;ω;`)

この猫が嫌な思いをし続けた後、最後におじさまに買ってもらえたことで何か報われた気がしました。とても素敵なお話でした

ペットショップのシーンはだめだ、涙でてくるペットショップって残酷に見えてしまう・・あんな狭い中に何年も入れられるなんて・・

同じようにペットショップから引き取った人たちから多くのコメントが寄せられました

私も昔、売れ残ってた大人ハムスターを買い取った事があるよ。なんか不憫で。ストレス溜まっててすごく荒んでて、噛むし最後まで懐かず触らせてもくれなくて、その後2年くらいで亡くなったけど、ペットショップよりは遥かに大きなケージでだらだらごろごろ生活してた。少しは幸せにできただろうか?

— ずむずむさん(TOSサウレ) (@3_onsen) 2017年6月13日

呼んでてうるっときました。
昔飼ってた犬が、子犬でしたがペットショップでもらってくださいという張り紙とともに箱の中にいました。
手が腫れてて、グローブみたいでこっち見る目が『どーせお前も連れて帰ってくれないんだろ』て目をしてました。この子を連れて帰ろうってなったときに、箱からだして手続きしているときのワンコさんのテンションが未だに忘れられません笑
家に来てから2年ぐらいしか一緒にいれませんでしたが、彼は幸せだったのかな?
ここにコメントしてる方がみんな心優しい人でほっこりしました。

— あかね (@a121212y) 2017年6月13日

うちの犬も売れ残りででっかくなって、
でもガリガリで耳に怪我をしていました。
ご飯をあまり貰っていなかったのか、
当初はご飯を見るだけで興奮しておしっこをもらしていました。
初めて公園に行った時も芝生の感触に戸惑っていました。ショップから飼うこと全てが悪ではないと思います。 pic.twitter.com/t8PhtQkeDs

— かえでまん@ (@0_k3w) 2017年6月13日

初めましてウチのワンコはペットショップの売れ残りで2年間いた子です
最後は0円で真夏に外のケージの中に入れられてたそうです
ある方が保護して下さってウチに迎えました
このニャンコとウチの子が被ってしまい 涙しています

— なごみ📎最近ヨレヨレ (@nagomi912) 2017年6月13日

第2話→


 

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

いいね!フォローで最新記事をお届けします

最新情報をお届けします