【悪女】 財産目的で近づき全てを手に入れた彼女の恐るべき犯行とは

 

人生には色々な失敗がありますが

特に結婚する相手を間違えると悲惨な結果になりますよね

財産目当てで男性を食い物にする女性の話は

よく聞くと思うのですが

今回はアメリカで世間を騒がせた悪女のお話を紹介します。

 

 

アメリカ イリノイ州 シカゴ

オーディオショップを経営する
ワーナー・ハートマン

シカゴの ”ステレオキング” と言われるほどのやり手実業家で

1978年 34歳にして億万長者となり

ビジネスパートナーでもある妻ヴァイとの間に二人の子供をもうけ

シカゴ郊外の豪邸で悠友知摘に暮らしていた。

だが、仕事が忙しくスレ違いが多くなり離婚へ。妻は子供を連れて出て行ってしまった。

 

ワーナーは孤独に耐えられず

ある夜、飲みに出かけた

そこに、ひとりの女性に目を奪われてしまう

妖艶な色気をかもし出す

デブラ・ストーヴァー(24)

彼女は幼い頃に父親を亡くし15歳で高校を中退

生活費を稼ぐためにダンサーとして働いていた。

 

彼が大富豪だと知ったデブラは身体で誘惑

ワーナーはすっかりデブラの虜になってしまった。

 

すぐに2人は大豪邸で一緒に暮らし始め、そして半年で結婚

デブラは誰もがうらやむ美人でした。

そんなデブラはワーナーを完全に支配していました。

ワーナーは愛するデブラにねだられると

宝石にミンクのコート、欲しいモノはなんでも買い与え。デブラは

 

しかし、結婚してしばらくすると

デブラはワーナーに内緒でたびたび夜遊びに

嫉妬心をあらわに怒るワーナー

ですが、「あんまりしつこいと別れるわよ!」

そうデブラに言われると、何も言い返せず最後にはいつも許してしまった…。

 

事態はさらに悪化

 

ワーナーの店にテニスコーチをしているジョンという男性が現れた

デブラは若くてハンサムなジョンを気に入り

彼もデブラに好意を抱いた。

そして、2人は恋に落ち 密会を重ねるようになった

そんなデブラの不倫をいつしかワーナーも気づき始めていた。

 

そして、明け方帰ってきたデブラに

ワーナーは「あの若僧と居たのか?」と問うと

これが答えだといわんばかりに

これに激怒したワーナーは逃げるデブラの車に向かって発泡

彼は嫉妬心から自分を見失ってしまうほどおかしくなってしまった

 

デブラはワーナーを捨て、若いジョンと暮らし始める

だが、テニスコーチのジョンの収入ではこれまでのような贅沢はできない

そこでデブラは再び ワーナーの元へ

浮気していたとしてもデブラを手放したくなかったのか

ワーナーは結局彼女を受け入れてしまった。

 

だが、ワーナーの目を覚まさせる出来事が

 

ある日、デブラの恐ろしい電話を偶然耳にしてしまったのだ

身の危険を感じたワーナーはすぐ保険会社の担当者に連絡

「契約している保険金の受取人をデブラから2人の娘に名義変更してもらいたいんだ」

ワーナーの保険金は80万ドル。当時のレートで

そしてワーナーは離婚を申し入れるのだが、デブラは一切応じてくれない

さらに店の経営もうまくいかなくなり

行き詰ったワーナーは元妻ヴァイに助けを求めた。

経理に詳しいヴァイは店の帳簿に目を通してみると

口座が空っぽじゃない

そう、お店の経営資金をデブラに食いつぶされていた

このまま何もかも奪われるのをただ黙って見ているしかないのか・・

 

1982年6月 お店にいるワーナーの元にデブラから電話が

「急に気が変わったので離婚に応じる」と

ワーナーが家に戻ると

「あなたの望みどおりにしてあげる。でも一つお願いがあるの」

そして、午後8時30分 待ち合わせのお店にデブラ1人で現れた

「ワーナーはあとで合流する」と言い、そして離婚に合意したことを伝える。

今日の日を記念にと、デブラは2人をディスコに誘い楽しんだ。

 

そして一行は午前4時にワーナーがいる豪邸へ帰宅

家に帰ったら玄関のドアが開いており、様子がおかしい

中に入るとものすごい大音量で音楽がかかっており

そこには、血まみれで息絶えたワーナーの姿が・・・

 

警察の調べによるとワーナーは至近距離から銃で14発も撃たれていた

唯一の手がかりは現場に散乱していた薬きょう

それは大変めずらしい 軍用マシンガンのものであると判明。

警察はデブラを疑ったが彼女はワーナーの元妻と娘とずっと一緒に

そしてデブラの不倫相手ジョンにも友人と食事をしていたというアリバイがあった。

そして事件は迷宮入りに・・・

 

デブラはワーナーが居なくなった豪邸でジョンと暮らし始めるがすぐに追い出した。

そして彼女はワーナーの死によって、家もビジネスも

そしてなんと保険金までも全て手に入れたのだ。

そう、デブラを保険金受取人から外す手続きはまだ終わってなかったのだ

そのため保険金はデブラに入り、莫大な財産を独り占めに

 

 

だが事件から2年後

警察は武器を違法取引したとして密売人から銃を押収すると

それはワーナーに使われた珍しい銃と一致した

しかも、この密売人はデブラの不倫相手ジョンと過去にルームメイトだった。

そこで警察が問いただすと密売人はワーナー事件についてしゃべり始めた。

ワーナー事件はデブラが計画

デブラにそそのかされたジョンは銃を用意してくれと密売人に頼み

食事に行くためにシャワーを浴びて出てきたワーナーをジョンはその銃で撃ったのだ。

さらにその後の調査でジョンのアリバイも崩れた

 

そしてもう一つ、驚くべき事実が判明

なんとデブラは保険会社の担当者まで手玉にとっていたのだ。

デブラはワーナーが保険金の受取人の名義を変更しようとしているのを知って慌てて保険会社を訪れたのだ。

女っていうのは頼み事を聞いてくれたら、感謝したくなるものなのよ

彼はデブラの誘惑に負け、名義変更の手続きを遅らせたと白状

そして名義が変わる前にワーナーはやられたのだ。

 

 

ワーナーの死から7年後 1989年

様々な証拠が上がり、ついにデブラとジョンを逮捕

デブラはミンクのコートを着て裁判所に現れた

そして

ジョン・コラビック 懲役16年

デブラ・ハートマン 懲役22年

が渡された。

 


スポンサーリンク
スポンサーリンク
事件・犯罪
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
せかch