写真とイラストを組み合わせた結果→ファンタジックな作品が出来た

動物や人物などの写真の一部分をイラストとして描き、それらを組み合わせてひとつの作品にする。”PENCIL VS CAMERA”と名付けられたアーティストBen Heineのシリーズ作品を紹介します。

ベルギー出身のアーティスト Ben Heine は10歳の時から写真を撮ったり、絵を描いたりして過ごしてきました。ある時、彼がテレビを見ながら書いた手紙を読み直していたら透けている便箋とテレビが重なった時に2つの異なるものがまるで1つの絵になったように見え、そこからひらめいたそうです。そして彼は外に出て、シンプルで小さなテーブルとイスで試しに考えて描きました。これがPENCIL VS CAMERAの第一弾の作品。

それから、彼は次々にファンタジックな作品を生み出してきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ben Heineの作品はこちらのサイトから見れます。
http://www.benheine.com/index.php

PENCIL VS CAMERAだけではなく他の作品も素晴らしいのでどうぞご覧ください。

出典:boredpanda


スポンサーリンク
スポンサーリンク
デザイン・アート
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
せかch