目に見えない怪物の恐怖

スポンサーリンク

1951年 5月 フィリピンのマニラ

ある裏通りを巡回していた警官はひとりの女性を見つける。

その女性の名はクラリータ。当時18歳。

クラリータは必死の形相で警官に「助けて下さい!誰かが私に噛みついてくるんです」と、助けを求めた。

警官が噛みついてくる人の特徴を聞いたが、彼女は身長も顔も服装も分からないと言う。

警官は、クラリータを麻薬中毒患者だと判断し、警察署へ連行した。

取り調べの最中、クラリータは「ほら!またあそこにいるわ!黒い何かが私に噛み付こうと襲ってくる!助けてー」と叫び暴れ始めた。叫んだ後、彼女は床に倒れ込んだ。

そして警官が見ている前で、肩や腕などから噛み傷が現れ始めたのだ。その傷からは血が滲み出ており、すぐに警察医が呼ばれた。

警察医の調べで、彼女の体には10か所以上の噛み傷があったと。

警官や警察医は最初は全く信じなかったが、さすがにこの光景を見ては「狂言や芝居ではない」と信じざる得なかった。

その晩、クラリータは警察署に泊まることに。

翌朝 また彼女が悲鳴を上げた。

「またあの怪物が噛みついてくるわー」と叫びながら逃げ惑うクラリータを警官たちが怯えながらも取り押さえた。

そしてまたクラリータの体にはいくつもの傷が現れ、首筋からは血が滲み始めた。

彼女は恐怖と痛さのあまりに気を失った。

一流の警察医が呼ばれ、クラリータを調査

全身いたる所にある傷はまぎれもなく何かに噛まれた傷跡だったという。

警察署の独房に隔離されたクラリータ。この怪物はまたしても彼女を襲ってきた。

「また黒い怪物が入ってきた」クラリータの叫び声を聞いて警官や警察医などが駆けつけた。

今度も、全員が見ている目の前でクラリータの喉に歯形が食い込み血が流れた。

署長がクラリータに噛みついているであろう、目に見えない怪物を追い払おうとしたが全く手応えがなく、見えない怪物の攻撃がおさまるまで5分くらいあった。

そして、これを最後にクラリータが見えない怪物に噛みつかれることは無くなったのだ。

その後、クラリータは精神病院に半年ほど入院して何とか全快したものの、あの時の恐怖や心の傷が癒えることはなかった。

クラリータが見た「黒い怪物」とは一体何だったのか。

この事件はフィリピン・マニラ警察署の報告書に、特殊事件簿No.108号として記載されている。

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

いいね!フォローで最新記事をお届けします

最新情報をお届けします