サンタさんだ!って子供を喜ばせるはずが・・・怖がらせる結果に。写真いろいろ

サンタに怖がる子ども1

クリスマス・イブの夜にプレゼントを持ってきてくれるサンタクロースは、世界中の子どもたちの人気者!のイメージなのですが・・・

実際にサンタクロースに会わせてみると、泣き出してしまう子が多いようです。

満面の笑顔が見れると思っていた親とは裏腹に、サンタクロースを怖がる子供たちの写真がこちら。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

悲しいサンタさん

#1 パパにしがみつく

サンタに怖がる子ども2

 

#2 遠い目をしている

サンタに怖がる子ども3

 

#3 今にも泣き出しそう

サンタに怖がる子ども4

 

#4 怖くて表情が凍りつく

サンタに怖がる子ども5

 

#5 泣き叫ぶ子にとぼけた顔をするサンタさん

サンタに怖がる子ども6

 

#6 いやだー

サンタに怖がる子ども7

 

#7 助けてー!

サンタに怖がる子ども8

 

#8 暴れだしてサンタさんも大変!

サンタに怖がる子ども9

 

#9 我慢する兄に早く離れたい妹

サンタに怖がる子ども10

 

#10 早くママのもとへ

サンタに怖がる子ども11

 

#11 今にも泣き出しそう2

サンタに怖がる子ども12

 

#12 対照的な表情のふたり

サンタに怖がる子ども13

 

#13 家族でサンタの衣装着たが・・・

サンタに怖がる子ども14

 

#14 サンタに変身したパパ。そして泣きじゃくる息子

サンタに怖がる子ども15

 

#15 ふたりとも泣いちゃった

サンタに怖がる子ども16

サンタクロースを見た子どもが怖がったり泣いたりするのは、幼い子どもによくある行動だと言われています。

海外サイトABC Radioによると、生後6ヶ月頃から家族と他人の区別がつき、見知らぬ人に対する警戒心(人見知り)が始まるという。この警戒心は最大5歳くらいまで持続するそうで、5歳を過ぎると自然に消えていくそうです。

つまり、サンタクロースに限らず見知らぬ人が近づけば、情緒の発達による「自然な恐怖・警戒心」から泣き出したり母親にしがみついたりするのです。

子どもが泣き叫んでいるときは「親がそばに居るから大丈夫だよって伝え安心させてあげることが良い」と書いてありました。

 

以上「サンタさんだ!って子供を喜ばせるはずが・・・怖がらせる結果に。写真いろいろ」でした。

出典:todayABC Radio


スポンサーリンク
スポンサーリンク
ファミリー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
せかch