今からでも遅くない!正しい紫外線対策!

スポンサーリンク

肌老化の原因の8割は紫外線って知っていますか?

シミやそばかす、さらには皮膚がんにも繋がる紫外線。

紫外線は5月から増え始め、6月には真夏とほぼ同量になるんです!

紫外線対策しようかな~まだいいかな~面倒くさいな~なんて悩んでいたらダメー!

今から正しい紫外線対策を行い、確実に紫外線をカットしていきましょう。

洋服の素材・色

紫外線を一番通さない洋服の素材は「紫外線遮断繊維」

UVカット加工された洋服は約97%も紫外線をカットしてくれます!

その他に、ビニロン、ポリエステル、羊毛がカット率が高いですね。

紫外線を一番通さない洋服の色は「黒」約86%も紫外線カット

他には、ターキス(ターコイズ)、イエロー、オレンジ、ピンク、オフホワイトの順

やはり、未加工よりもUVカット加工されているものの方がカット率が高いですね。
出典:http://www.skincare-univ.com/article/スキンケア大学

日焼け止めの塗り方

日焼け止めは決して力を入れて肌にすりこませて塗ってはいけません!

肌にすりこむとシワやたるみの原因になります。

なので、2・3回程度優しく伸ばしムラなく塗りましょう!

一般的な日焼け止めは塗ってからすぐには効果が出ない

日焼け止めは塗布後30分ほどしてやっと肌に馴染み、効果が出るので

出かける寸前ではなく、30分ほど前から塗るのがベスト!

あと、汗をかくと日焼け止めが落ちてしまうので

2~3時間おきに塗り直すと効果が続くのでおすすめです。

日焼け止めの使用期限

日焼け止めって使い切るのが難しいですよね。

もったいないからって去年のを使うのはNG!

去年の日焼け止めだと、かなり酸化が進んでいるので、酸化したものを肌に塗るというのは

体自体が酸化されやすくなって老化しやすくなるということなのです!

また、肌が荒れたり、ただれたり、かゆみがでたりと、たくさんの症状が出る可能性が

未開封なら3年、開封したものは1年という目安があります。

1年以上経っているものはもったいなくても捨てましょう!

出典:http://sigaisen-mamababy.seesaa.net

日焼けした後の対処法

日焼け直後はマッサージをしてはいけません!

日焼け直後の肌は火傷している状態でとても弱っています。

マッサージ等は刺激が強くシワやたるみの原因に。

まず、日焼けをしたらすぐに冷やすことをしましょう!

放置すると水ぶくれができたり治りが遅くなるので

氷水で冷やしたタオルを当てて徐々に肌の温度を下げることが大事です!

氷を当てるのは気持ちよくていいですが、長時間肌に当てると

冷やしすぎて肌を痛めてしまう恐れがあるので注意

他には、水分を多く摂る!日焼けし水分や塩分が肌から蒸発するため

水よりもミネラルを含んだスポーツドリンクの方が良いです!

紫外線は悪いことばかりだけではない?

紫外線は悪いことばかりだけではなく、人体に良い影響も与えます!

紫外線を浴びることによって、ストレスを発散できたり(うつ病の予防)

体内でビタミンDを生成したり、除菌効果があったりします。

だからといって、紫外線の浴び過ぎには注意。

健康のために紫外線を浴びるなら、直射日光を1日15分程度で良い。

ただし、肌が弱く日光に当たるとすぐ赤くなって炎症を起こす人は絶対にやめましょう

出典:https://health-to-you.jp/ultraviolet/sigaisennnokounou1528/

日傘や帽子・アームカバーなどの紫外線対策グッズも使い

キレイな肌を保っていきましょう♪

スポンサーリンク

いいね!フォローで最新記事をお届けします

最新情報をお届けします