真冬の晩にスプリンクラーを切り忘れ一晩。そこには幻想的な世界が

スポンサーリンク

ある男性が芝生のスプリンクラーを起動させたまま芝生を氷点下の冬の晩放置してしまいました。

翌朝見てみると当然のように水は氷ついていたのですが

なぜかキラキラと光る光景が・・・

そこには輝く世界が・・

なんと芝生一本一本が水に覆われたまま凍りついており、太陽の輝きを反射させて幻想的な世界が広がっています。

この光景を見て男性は「水道代分にはなったかな!」と一言。

楽観的な様子で良かった!

スポンサーリンク

いいね!フォローで最新記事をお届けします

最新情報をお届けします