待っている時間を楽しく!世界の面白いデザインをしたバス停15選

世界にはユニークで変わったデザインのバス停がたくさんあります。

上記の画像は、アメリカ・ボルチモアにある文字通り「BUS」とデザインしたバス停なんですよ。私たちが普段見ているバス停とは全く違っていて面白いですよね。

今回は、企業宣伝や待っている時間を少しでも楽しくできたらと考えられた面白いデザインのバス停を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ユニークなバス停

#1 スペイン 遊園地の目玉であるジェットコースターをデザイン。

 

#2 アメリカ・アトランタ スクールバスを再利用。

 

#3 ロンドン 10万個のレゴブロック使用。

 

#4 ドバイ 空調や時刻表モニターが付いている。

 

#5 ニューヨーク IKEAのアンビエント広告。リビングのようなくつろぎを

 

#6 アメリカ・ミネソタ オーブン

 

#7 カリフォルニア もうすぐ家に帰れると思えるように、家に変形するバスをデザイン。

 

#8 エストニア スナッファー(ろうそく火消し)のデザイン。

 

#9 ブランコ

 

#10 デンマーク ジャンプ台が付いている

 

#11 ゴールネット風。

 

#12 ブラジル 人が座って完成するクリエイティブ

 

#13 フィットネスファースト(フィットネスクラブ)の広告。座ると体重が表示される。

 

#14 ノルウェー サウナ風。

 

#15 アブソルートウォッカのカクテルをイメージ(3種類)

出典:adgang

 


スポンサーリンク
スポンサーリンク
デザイン・アート
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
せかch