マイナス30度のカナダ・イエローナイフで、ラーメンを外に持っていくと・・・こんな風になる!

スポンサーリンク
イエローナイフ ラーメン1

オーロラの遭遇率が高いことで有名な、カナダ北西部ノースウェスト準州の州都 イエローナイフ

冬が非常に寒く厳しいもので、平均気温がマイナス20~30度になる。

そんな極寒の土地で、先日マイナス30度まで気温が下がった時に、redditユーザーのvirginityrocksさんがカップラーメンを作り外へ持っていきました。

どのようになったかというと・・・写真がこちら。

マイナス30度の世界へ

イエローナイフ ラーメン2

ラーメンがカチコチに!

まるで飲食店で見かける食品サンプルのように、キレイに箸が浮いている状態で凍っています。

数十分置くとこのようになるそうで、他のモノでもちょっと試したくなりますね。

<海外掲示板のコメント>

・私のところは、今日マイナス48度。

・明日はマイナス17度。悪くないな。

・カナダ・プリンスジョージに住んでいるんだけど、イエローナイフは人間が過ごすには寒すぎるよ。私は夫にさらに北へ引っ越すのであれば、すぐにフロリダに帰ると言っている。

・カナダ人は、寒さに慣れているフリをするのが好きだよな。君は違うみたいだけど。

・17年間カナダに住んでいたが寒さに慣れなかった。でも、この国を愛している。

・コーヒーが凍結するなら、私は行けないわ。行くなら春かしら。

極寒で身体がこんなことに

極寒の中でも違いがあるそうで、カナダ・マニトバ州南部にあるウィニペグに住んでいた人のコメントでは。

マイナス17度は非常に寒いけれど、適切な防寒具を着用していれば好きなだけ外に居られるようで。マイナス20度でスキーをしたが大丈夫だったという。

しかし、マイナス30~35度より低くなると完全な防寒具でも厳しくなり、鼻毛は凍り唇が秒数で裂けてくるそうです。

もしオーロラを見にイエローナイフに行くならば、しっかり防寒具の準備をしていかないと大変なことになりますね。

以上「マイナス30度のカナダ・イエローナイフで、外にラーメンを持っていくと・・・こんな風になる!」でした。

出典:reddit